from ビニール袋徹底解説サイト!

一昔前までは、買い物をすると商品をビニール袋に入れてくれました。今でも、コンビニなどでは、店員さんがビニール袋に入れてくれますが、スーパーなどでは入れてくれることが少ないです。商品をレジに置くと、店員さんが、もう一つカゴを用意し、レジを通した商品をまたカゴに詰めて行きます。そして、精算が終わると、そのカゴを移動し、購入した人が袋詰めをします。ビニール袋は有料のところが多いのでほとんどの人がエコバックと呼ばれる、小さくたたむことが出来るカバンを持っています。エコバッグは数百円でいろいろなところで販売しているので、普段使うカバンの中に畳んで入れている人が多いです。そして、最近はエコバッグではなく、カゴを持ち歩いている人が多いです。買い物をする時にはスーパーのカゴを使いますが、スーパーのカゴの下に、自分で持ってきたカゴを重ねます。そして、精算の時に、レジを通した商品を自分のカゴに詰めてもらいます。そうすると、袋に入れずに帰ることができ便利です。

ビニール袋はもはや必須商品

生活のなかで、何気なくビニール袋を使うことは多いのではないでしょうか。思いつくものといえば、買い物をしたときに商品を入れるとき。ごみを捨てるとき。食品を保存しておくため。いくつもバラバラしているものをひとつに収納したいときなど・・。たくさんの機会で活躍しています。ビニール袋にも大きさや種類がたくさんあります。ゴミを捨てる場合はゴミ箱に合ったサイズ、身近なものでいうと、ぽり袋と呼ばれる透明のものなど、さまざまあります。お店にも、売り場にはたくさんの種類が置いてあることが多いでしょう。もしビニール袋がなければ、何か代用品があるかと考えたりもしましたが、生活がとても不便になるような気がします。何かをひとつにまとめるという役割を担っているため、それがなければ何かと不便です。むしろ代用品が見つかりません。日々お世話になっている日用品のひとつです。

ビニール袋の収納方法

スーパーやコンビニで買い物をするともらえるビニール袋ですが、結構数がたまると収納に困ってしまいます。その辺にポン、と置いてあると見た目も悪いし・・・。どうすれば美しく収納できるのでしょうか。とりあえずキッチンの裏扉に大きな袋をぶらさげ、その中にどんどん入れてみましたが、これはただ見えない所に隠しただけで扉を開ければあまり美しくありません。次にキッチンの隙間にファイルボックスを並べて袋の大きさごとに分けて小さくたたんで入れてみると、なかなかいい感じです。さらに100円ショップに蓋付きの細い収納ボックスがあるのを見つけ、これを使ってみたら蓋のおかげで中身が見えずさらに綺麗に収納する事ができました。でもなるべくお金をかけずにやろうとするなら、使い終わったティッシュの箱に入れると取り出す時も便利なのではと思います。ちょっと可愛くデコレーションすると見た目も良くなりますね。

創業59年、ネット販売16年の実績がございます。パッケージ制作のノウハウを、全てお客様に還元したいと考えておりますので、まずはお気軽に大阪の本社もしくは東京営業所にお越し下さい。神奈川・名古屋・福岡からもアクセス可能です。当社はオーダーメイドでオリジナルのパッケージを作ることの出来る会社で、対象エリアは全国となっております。ビニール袋ならこちら