ビニール袋を使った調理について

ビニール袋を使った調理に注目されていることをご存知でしょうか。ここでどういった時に便利なのかを紹介してみようと思います。まず、下味をつけるのに真空状態にすることができるため味が染み込みやすいということ、それから調味料が少しで良いということです。確かに唐揚げのときにはおすすめです。それから混ぜる際にビニール袋を使うだけで手が汚れないというメリットがあるかと思います。ハンバーグのたねなど混ぜて他の作業をしたい時って結構洗うのに時間がかかったり、油汚れがおちるのに時間がかかります。けれどもビニール袋に入れているので手はきれいなままです。後、いろんな調理が一度でできるというメリットがあります。このように上手につかって調理してみてはいかがでしょうか。使った後はゴミ箱行きで、ボールをだしたりすることがないので洗い物が少なくておすすめです。

ビニール袋をバッグに入れておくと便利です

食品などの買い物に行くと、たまってくるのがビニール袋です。我が家には買い物の際にたまった何種類ものビニールの袋がたくさんあり、種類別に保存しています。ちょっとしたことに使うことが多いので、捨てずにとっておいています。たとえば、手持ち付きのビニール袋は、家のプラスチックのゴミを捨てるときに使えるので便利です。また、私は外出する際、バッグの中に何種類か入れて持ち歩いています。出先でゴミ箱を見つけられないときや、汚れてしまったものなどをその袋に入れて持ち帰ることができるのでバッグに入れておくと本当に重宝します。先日もコンビニでちょっとした物を購入したのですが、わざわざ袋に入れてもうものではなかったので、そのまま持ち帰ろうとしたのですが、やはりそのまま電車に乗るのは恥ずかしいと思い、持ち歩いていたビニールの袋に入れました。私の中で捨てるに捨てられない物がビニール袋です。

スーパーのビニール袋の役割

スーパーで買い物をした時に、袋詰め用のビニール袋がもらえますが、最近では有料にしているスーパーが増えました。エコバッグを持参すればポイントアップや数パーセントの値引きというお店もあります。それだけ環境に対しての意識が高まってきたのでしょう。しかし、お店のビニール袋には必ずそのお店の店名やロゴがプリントされています。あの袋によって、買い物をしたお客さんにお店の宣伝をしてもらえていたのです。お客さん自身が持参した袋では、どこのお店で買い物をしたかは伝わらず、宣伝効果は一切なくなってしまいます。お店側にとってはあまり喜ばしいことではありません。袋一つとっても、売り上げを上げるための立派な武器となるのです。このことを意識して、エコバッグ持参でもあまり特典をつけないお店もあります。自店のビニール袋を見せながら帰ってほしいのです。TVのCMより、ご近所さんの宣伝効果の方が安上がりで確実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*