薄くなったスーパーのビニール袋

スーパーで買い物をして、袋詰めをするサッカー台には必ずロール状の透明なビニール袋があります。水漏れが心配な商品などを入れるのにとても便利です。しかし、このビニール袋が最近は薄くなってきているのです。経費削減でしょうか。以前のような丈夫な袋を置いてあるスーパーは少なくなってしましました。お店によってはこの袋だけではなく、レジ袋までもが以前と比べて薄くなってしまった所も少なくありません。さすがに、帰宅途中で破れてしまうほどの薄さにはなっていませんが、その変化は気のせいで済むような些細なものではありません。その分商品の安さに繋がるのならば、袋の厚みなど何も気にはなりません。しかし残念なことに、商品の値段はそのままなのです。少し残念な気もしますが、考え方を変えれば、今までの厚さが不必要だったのかもしれません。今の厚さで十分袋の役割をこなしているのですから。そうすると、環境破壊を食い止めているという考え方にもなります。

ビニール袋の使用方法

私がビニール袋をどの様に使用しているかご紹介します。まず台所やお風呂では、排水溝の生ゴミを捨てる時に使います。袋に入れてからゴミ箱に入れれば、ゴミ箱を持ってこなくても床が汚れませんし、結んでおけば臭いも軽減できます。赤ちゃんのいる家庭では、オムツ入れ、お菓子を持ち歩くための袋として、離乳食入れ、まぐまぐを入れる袋として使うと大変便利です。お茶がこぼれてもビニールなので鞄が汚れませんし、直接オムツ入れに入れるより臭いが軽減され、汚れれば使い捨てできるので衛生面でも安心ですし、使い勝手も良いです。出掛ける時には、鞄に数枚入れておくようにしています。子供の汚れた服を入れたり、頂き物をいれたり、ゴミ入れにしたりと、持っておくと役立つ事が多々あります。軽くてかさばらないので、ビニール袋は私の必需品です。

ビニール袋はこんなに便利

わたしは、買い物などをしてもらえるビニール袋を重宝しています。というのも、うちはゴミ箱が小さいので、もらったビニール袋をそのゴミ箱にかぶせて、ゴミが溜まってきたら、そのままくくって捨てるという風にしているからです。ですから、時々買い物にいかない期間が長かったり、ビニール袋をもらえないような買い物をしていると、ゴミ箱にいれたゴミを、いちいち別のごみ袋に入れなくてはいけないので面倒くさくなってしまいます。ただ、エコ袋などが主流になっている今、わたしのこのやり方はとってもエコではないので、ゴミ箱を変えればいいのかも、とずっと思ってはいるのですが、買おう買おうと思いつつも買わないまま今に至ってしまっています。やはり、地球環境のことを考えると買い物のたびに袋をもらいたがるのはよくない、と思うからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*